皆さん、GWはいかがでしたか?

ワタクシは・・・。毎日来客があったりして楽しい日々だったのですが、娘からもらった風邪が家族中蔓延しており、ダンナとごほごほしておりました。今年は特に寒暖の差が激しいですよね(><)!!

さて、今日は暑いですね。よく言いたくなる表現です。天候のIt,中学校のときに聞いたなぁとぼんやり思う方いませんか?

天気の話題って、初対面の人や、話題に困ったときもよく使いますね。海外でも同じです。そんなとき、主語は何を使うんだろう・・・基本は、「それ」なんです。つまり”It” 。見ていきましょう。

[日本語から文の要素を理解]

今日は 暑い ですね。

主語(今後S表記に統一します)・・・今日

動詞(今後V表記に統一します)・・・~は~です

補語(今後C表記に統一します)・・・暑い

そこで、よっしゃぁ!SVCの順番でしょう!と張り切ってくれたアナタ。うんうん、これまで読んでくれてありがとう、と抱きしめたいところですが・・・(ニヤリ)

お天気の場合、SはItを使うことが多いんですね。

つまり、上の日本語でSが今日だったからといって、今日→Today、とするのは、間違っているわけではないんですが、もっと正確な表現があるのです。

正解は、

It is hot today.

It・・・S

is・・・V

hot・・・C

えっ?じゃあtodayは?・・・副詞

出たぁ。また新しいの。ホントごめん。でもとりあえず読んでみて。

副詞は、いつか教えます。とりあえず今日は天候のItが大事。

お天気の話をするときに使う主語のItは、「それは」と訳しません。

It is hot today.

で、今日は暑いですね。と訳します。

「それは今日は暑いですね。」って、そもそも変でしょ?

日本語でも考えてみてください。

暑いのって、何を言っているかというと、今日、じゃなくって、天気なんです。気候なんです。それをいちいち

「今日は天気が暑いね~」とか

「今日は気候が暑いね~」とか、言わないでしょ? それと同じなんです。

言わなくても分かってるから言わないんです。英語でも同じ。

It is hot today.といわれたときに、Itがフライパンやヤカンだと思う人はいません。

暗黙の了解で、Itはお天気なのです。

[まとめ]

天気の話をしたいときは、主語はItにする。

[問題]

次の日本語を、カッコの中の単語を使って英語に直しなさい。

1.今日は寒いですね。(today, cold)

2.今日は風が強いですね。(today, windy)

—-

[正解]

1.今日は寒いですね。(today, cold)

It is cold today.

2.今日は風が強いですね。(today, windy)

It is windy today.

できましたか?それでは、See you tomorrow!(また明日!)