はろー。

あたしのこと、、、覚えてる?(爆)

ごめんなさい。言い訳は得意なの。

1週間、娘の腸炎もらって、その後風邪引いて、死んでました。食欲もなく、家事や育児をなるべく放棄し、レッスンもキャンセルさせていただき・・・。元気のない私って、いわば私じゃないです。うるさく厚かましく生きている人間が、言葉少なにベッドにこもりっきりなんて・・・。あぁ病気よ大嫌い。

今日はですねぇ、a,an,theの冠詞類の使い分けを、もう少し見ていきますよ。

結構ルールもあるから、覚えてしまえば「どっちだったっけ?」と悩むことも減ると思うんです。

えぇとですね、まず大まかな意味の違いは過去のポストa,an,theの冠詞類の使い分け(1)をご覧ください。ほら、前回の更新から時間も経ってるし復習ね(笑)。

考え方として、下に挙げるケースで定冠詞のTheを使うと覚えてください。

それ以外のものは、基本的に(1)のポストもよく読んで、不定冠詞a,anで良いか判断してください。

[1]一度出てきたものを受けるとき

She has a daughter.  The daughter is a nurse.

彼女はが一人います。その娘さんは看護士さんです。

※ひとつめの文章で出てきたのと同じ名詞を繰り返すとき、ふたつめにはTheをつけます。

[2]文脈や内容から、特定できるとき

I closed the window of the living room.

私は居間の窓を閉めました。

※窓は、「ある」窓、と不特定にする必要ないでしょ?居間にある窓なんて限られているしどれだか分かるんだから、そういう特定できるものはaじゃなくてtheを使うんですよ。

居間も同じく、「ある」居間なんてする必要ないでしょ?第一何個も居間のある人なんていないし。居間といったら普通特定できるんです。そういうものはaじゃなくてtheで軽く特定するんですね。

[3]世界にひとつしかないもの、誰もがあれだとわかるもの。

the sun, the moon, the earth, the space

太陽、月、地球、宇宙・・・

私たちの知っている世界では、太陽といえば誰もが知っているひとつの太陽ですね。お月様もひとつ。そういうものは特定できるし、大体何個もあるものではないので、theなんです。

[4]楽器

I play the piano. 私はピアノを弾きます。

I’m learning the violin. 私は今バイオリンを習っています。

もうこれはルールです。覚えるっきゃないです。

I play tennis every weekend. 私は毎週末テニスをやります。

ねっ。テニスは楽器じゃないからtheはつけなくていいんですね。

ほかにも難しいこと色々ありますが、大体この辺分かっていれば日常英会話で困ることはないでしょう。

で、逆に不定冠詞a,anについては、上記で触れたような、「何らかの特定ができそうな」名詞にはつけないわけですね。

ほい。じゃ問題やるべさ。

[問題]次の名詞に、冠詞をつけなさい。

1.( ) River Nile  ナイル川

2.( ) egg  卵

3.( ) one-day trip 日帰り旅行

4.( ) guitar  ギター

5.( ) sun is shining today. 今日はお日様がきらきらしてるね。(天気が良いね)

ひっひっひ。

へっへっへ。

ぶひー。(←学習妨害)

[正解]

1.(the) River Nile  ナイル川  ※ナイル川、世界に何個もありますかぁ?一個しかないでしょう?誰もが特定できる「あの」ナイル川でしょう?

2.(an) egg  卵  ※卵、特定できますか?世の中にたくさん、数えられないほどあるでしょう?

3.(a) one-day trip 日帰り旅行

4.(the) guitar  ギター

5.( The) sun is shining today. 今日はお日様がきらきらしてるね。(天気が良いね)

んじゃ。ん~が~ぐっく。(分かる人には分かる)