さくっとポストします。

先日の授業で生徒さんに聞かれました。

「たくさんの、を意味するとき、manyの文とa lot ofを使った文があるけど、何が違うんですか?」

正解「何にも違いません。表現の違いだけです。」

日本語だって、

たくさん

いっぱい

多くの

ぎょうさん

・・・。たくさん表現方法があるけど、意味は同じでしょ?

ただひとつ重要なのが

英語には、数えられる名詞と、数えられない名詞がある!ということ。

数えられる名詞 person, cake, notebook, pen, schoolなど

数えられない名詞 water, beer, juice, air, milk, riceなど

これにより、「たくさんの」を使い分ける必要があります。

覚え方

a lot of= lots of= many (数えられる名詞)

a lot of= lots of= much (数えられない名詞)

※ただし、muchは、通常否定文でしか使いません。したがって、数えられない名詞にはa lot ofかlots ofを使うことになります。manyを使うとNG!!

ってかさ、発見してよ。数えられる名詞、数えられない名詞、両方とも、a lot ofと、 lots ofが入ってるでしょ?!

つまりコレ、オールマイティーな表現!!数えられるとか考えなくていいから超便利な表現!!使いまくるっきゃないです!!私も使いまくっとるどすよ。


[問題]つぎの名詞が「たくさんの」という意味になるように単語を付け加えなさい。

1.() water

2.() people

3.() coffee

[正解]

1.(a lot of/ lots of) water

2.(a lot of/lots of/many) people

3.(a lot of/lots of) coffee

じゃあ何か分からないことがあったら気軽に質問してね~!

ちなみに、a lot ofよりlots ofのほうが、口語的で、フランクな使い方をするよん!ただ数えられる数えられない云々で使い分けるときは、同じカテゴリーだと覚えてOKです!!

んじゃバイバイキン!