えへっ。最近あんまり更新できなくてめんご。忙しくしているんでありまする。

さて、今日は昨日授業でやったところ、一般動詞の否定形のdon’tやdoesn’tについて理解したいと思います。

まず。

この二つ、意味は全く同じです。主語の種類によって、使い分けます。

つまり、3単現で動詞にSをつけるのと一緒!3単現はこちらで復習してね。)

たとえば

I like Queen’s English School.

私はクイーンズイングリッシュスクールが好きです。

この文を否定したいとき、likeの前にdon’t(do not)をおくんですね。

I don’t like Queen’s English School.

私はクイーンズイングリッシュスクールが好きではありません。(涙)

←自分で例文作っといてよく言うわ

この文では、主語が「I」つまり1人称でした。

じゃあ次の文ではどうなるでしょうか。

He likes soccer. 彼はサッカーが好きです。

※3単現のため動詞にSがついていますね。

He doesn’t like soccer. 彼はサッカーが好きではありません。

※3単現のSは消えてlikeは原型に戻ります。

don’t doesn’tの使い分けですが、

3単現であてはまった主語→doesn’t

それ以外の主語→don’t

と覚えてください。

それからもうひとつのルール。

3単現でSがついていた動詞も、否定にするときは原型に戻す(Sをはずす)

つまり

He drinks beer. 彼はビールを飲みます。

He doesn’t drink beer. 彼はビールを飲みません。

Mari speaks a lot. マリさんはよくしゃべります。

Mari doesn’t speak a lot. マリさんはあまりしゃべりません。

ねっ?難しくないでしょ。

んじゃあ問題。

[問題]次の文章を否定形に変えなさい。

1.He  tells a lie.  彼はうそをつきます。

2.My parents drink a lot of alcohol. 私の両親はお酒をたくさん飲みます。

[正解]

1.He doesn’t tell a lie. tellのSが消えているのもポイント

※彼はうそをつきません。

2.My parents don’t drink a lot of alcohol. 主語が複数なので3単現じゃないよ。

※私の両親はあまりお酒を飲みません。

それじゃあ、今日も勉強お疲れ様です!!