最近の2人の幼い子どもの虐待死のニュースがあまりにもショックで、思い出すたび涙が止まりません。色々な気持ちが、胸を駆け巡りますが、書こうとすると苦しくて苦しくて何もかけませんが、子どもたちの無念を思うと、悲しくて悔しくて苦しくてなりません。

その記事に関連して、オレンジリボン運動というものを知りました。

子ども虐待の防止のために活動しているNPOさんだそうです。

私は迷わず参加することにしました。

私ひとりが参加しても、たったひとりの小さな力に過ぎないけれど、少しでも悲しい思いをする子どもを減らしたい、という、ただそれだけの気持ちで、参加しました。だけど、私と同じように、こういう風に思う人が増えてほしいし、沢山いればいるだけ力が大きくなる。

皆さんにも、ご協力をお願いしたいです。

なかなか踏み込めない行政へのもどかしさもあります。法や色々な理由で、個へ踏み込んでいけない行政。ご近所さんが誰かも、どんな顔かも知らない現代。子育てという大変さを、いろいろな理由で一人で抱え込み、孤独で、それが罪のない子どもに虐待という形で向けられてしまうという惨い事実・・・。

本当に悔しいです。

みなさんもどうか、考えてみてください。そして考えるだけではなく、行動しないと、世界は変わっていきません・・・。

オレンジリボン運動公式サイト:http://www.orangeribbon.jp/index.php