今日は調子がいいです。5か月に入ってつわりも楽になってきたしね。

そこで、忘れないうちに最近のアンナの英語力について。

最近、夜中も寝言を言ったりするようになり、言葉を覚える力がめきめきついてきた気がします。(現在2歳2か月)

ハーフなので、お腹の中から2言語を聞き続けていることで、脳にインプットされる言語が2倍になり、他の子よりもしゃべるのは遅くなるよ、とよく言われていました。確かに同じクラスの女の子たちのほうがはっきりしゃべっていますし、何か尋ねると簡単な言葉で返してくれます。

アンナはその辺がまだまだです。それでも、言われていることはわかるらしく、絵本で動物を当てたりするのは大好きです。

私は基本的に日本語で話しかけていますが、どうしても日本語の多い環境で育ってしまうので、簡単なことや絵本はほとんど英語で読んでいます。

昨日、私がレッスン中に、リフォーム中のぐちゃぐちゃな我が家でエディとアンナが遊んでいたそうです。家具にかかっているビニール(リフォーム作業から保護するために家じゅうがクモの巣のようになってます)でかくれんぼをしていた二人。そこでアンナが言ったそうです。

「Where’s Anna?」 アンナはど~こだ!

パパ感動です。

ちなみにこの日本語はまだ言ったことがありません。いつも絵本で探し物をしているので、「Where’s 」のほうが「ど~こだ」より自然なみたいです。

Where’sの表現は1歳のころから理解していましたが、それを自分にあてはめ、パパに対してAnnaと自分を呼んだこと。親ばかですが、仕組みを理解し始めたなぁ、としみじみ。 英語のお歌も、今では聞いているだけではなく、一人遊びしているときに自然に口ずさんでいます。

今日は

♪Head, Shoulders,Knees and Toes, Knees and Toes,Head, Shoulders,Knees and Toes, Knees and Toes,

2 eyes and ears and a mouth and a nose, head, shoulders knees and toes, knees and toes♪

♪ I’m a little tea pot short and stout, here’s my handle here’s my spout, when I see the tea cups hear me shout, tip me up and pour me out! ♪

を、とっても上手に歌っていましたよ!(まだすべての発音が完璧に明瞭というわけではありませんが)

もちろんアンパンマンなど日本の歌も明瞭になってきています。保育園で習っている、大きな栗の木の下で、なども、メロディーやところどころの歌詞で私も判別でき、一緒に歌ってあげるととてもうれしそうです。

まだ2歳ですが、今のところ、アンナは健やかに赤ちゃんから子どもに近づいており、日々情緒の発達を感じられて、とてもうれしいです。