こんにちは。

アンナがおとなしく昼寝してくれ、束の間の自分時間です。今日の午前中のレッスンで触れた受動態についてちょっと書いておきます。

「何でそんな格好してるの?」

たまに聞きたくなる人、いますよねw

これの英語は、日本人にはなかなかしっくりこないこんな表現になります。

Why are you dressed like that?

are you dressed

Be動詞 S Vの過去分詞

ここ、受動態になってるんですね。でも何で?「格好してる」っていう動詞があんまり受け身っぽくないですよね。

辞書を引くと分かりますが、

dress  ~に服を着せる

という意味なんです。つまり、相手に対して使う動詞で、誰かに服を着せるって感じ。

だから、それが自分だった場合「自分に洋服を着させる」→自分に対する受動態になります。

でも、dressにはもちろん「服を着る」という意味もあります。ただ、「~に服を着せる」という意味で使うことのほうが多いんですね。

例) get dressed 服を着る  get undressed 服を脱ぐ

他にも、通常受動態で使う動詞って結構あります。

I am surprised.  驚いたよ。

surprise が、「驚かせる」なので、私が驚かされた→受動態になり、surpriseにdをつけて過去分詞にしています。

I am shocked. ショックだよ。

shock 「ショックを与える、びっくりさせる」 be shocked  ショックを与えられる、つまりショックを得る

I am disappointed.  がっかりだよ。

disappoint 「がっかりさせる」  be disappointed   がっかりさせられる、つまりがっかりする

I am excited.  興奮するよ。

excite  「興奮させる」 be excited  興奮させられる、つまり興奮する

ね。その動詞の意味から、常に受動態で使うほうが多い動詞ってたくさんあるんですよ。

それでは、

Are you satisfied with my blog today? (私の今日のブログには満足してくれた?!)

さっそく使って、終わりにしますね♪ Ciao!!