今度は日記です。

土曜日、私たち家族にとっては一番忙しい日、かもしれません。

それは、午前中夫婦ともに授業があるのに、愛娘アンナもいるから。

保育園では一応土曜日もお昼まで保育してくれますが、預けるのが何となくかわいそうで、小さいときはおぶって授業してました。そのうちおんぶではどうしようもないほど重くなり(笑)、その辺で「オイタ」をさせて放っておいたり(それもかわいそうなんだけどね)。

だけど最近、うれしいことに、エディのやっている「スーパーキッズ」(毎週土曜日2時間月8000円の人気クラスで、キッズたちは遊びながら英語を勉強してます)に混じることができるようになってきました。

年齢層は、4,5歳くらいから8歳くらいまでで、いつも5,6人いるクラス。面倒見のいい女の子も結構いて、アンナが泣いたり何か要求したりすると、構ってくれたり面倒を見てくれていたのですが、それでもアンナはママかパパに抱っこされていたほうが好きだったんですが。

最近、にこにこクラスに混じって、一緒に走ったりゲームに交わろうとしたりしているみたいで。

私も、落ち着いて、自分の90分のクラスをこなすことができるようになってきています。

他の子どもと交わったり、遊んだりできるようになるのって、また大きな成長ですよね。アンナにとって、年上のお兄ちゃんやおねえちゃんに遊んでもらえることは、すごくいい刺激なはずですし。

パパも大喜びで、アンナ含めキッズを教えています。

ときどき、アンナが分かることもレッスンに出てくるから、得意気になってしゃべってるらしいです。

そんなアンナが頼もしくもあります。今もすぐに寝付いてくれて、どんどん手がかからなくなって・・・

うれしいような、ちょっぴりさびしいような。

まぁ、さびしがってる暇もなく、次のが生まれてきますけどねw

次が生まれてくるころはアンナは3歳近くになってます。最近小さなお人形を「アカチャン」と呼んで、タオルでくるんで締め付けたり

※注)本人は優しくくるんでネンネさせようとしています

なぜかバスマットでくるんで背中にしょおうとしたり

※本人には抱っこ紐に見えるようです

自分なりに「アカチャン」が来る準備をしているようです。

私の膝の上に座ると、私の出てきた下っ腹

注 メタボではなく妊婦です

に気づき、そっと振り返って優しくなでてくれ、それからさっぱり忘れて甘えっこになります。

そんな日常がとても楽しい私です。