こんにちは。

主題の表現、英会話ではしょっちゅう使いますよ。ただ、canに、「することができる」のイメージが強すぎて、皆さんこう思われるようです。

「私は~することができますか?」

間違ってはいないですが少し惜しいです。この場合のcanは、できるできないの可能性ではなく、許可を求めるcanとして、高校の文法で習うものです。

Can I have~? ~してもいいですか?

そしたら生徒さんはこう聞きました。

「先生、質問をしているのに、I(自分が)っておかしくないですか?」

ふっふん。質問がだんだんレベル高くなってきてます。答えは、

「(私は)~してもいいですか?」という、自分の行為に対する許可を求める質問なので、主語SがIでも問題ないのですね。

いろいろ例文を出しますから、ご自分に合うものをひとつ覚えてみてください。いろいろ使いまわしもできますよ。

Can I have another cup of coffee? コーヒーをもう一杯いただいてもいいですか?

I’m thirsty. Can I have something to drink? のどが渇いてます。何か飲んでもいいですか?

I’m too tired. Can I take some rest? 超疲れた。ちょっと休んでもいい?

I’m too hungry.  Can I have something before dinner? ぼくぅ、おなかが超ぺこりっち。夕ご飯の前になんかつまみ食いしてもいい?

←これエディの定型表現です。ぺこりっちは、私のキヤノン時代の後輩から習って以来、彼の大好きな日本語。こう言われると妙に腹が立ちますwww くそ~あいつら余計なこと教えやがって~!

Can I have a menu? メニューをいただけますか?

Can I have water? お水をいただけますか?

Can I pay in credit card? クレジットカードで払ってもいいですか?

Can I join “The Queen’s English School” from next month? 来月からクイーンズイングリッシュスクールに入会してもいいですか?

Sure! You’re welcome! もちろん!喜んで。

あれ、なんか最後のセールスっぽい?!?!さりげないリンクもいやらしいwww

全部見返してみると、許可を取ってるのって、誰でもない自分自身の行動でしょ?だから自分=I を主語にして疑問文が作れるんですね。

じゃあ、

Can I leave now because I have to cook dinner? Bye!  -もう夕ご飯作らないとだからばいちゃしていい?またね!-