こんにちは。

主題の件、準会場の当校に、いち早く結果が参りました。

受験は1月24日。わずか2週間前ですね。

とてもとても頑張った子ども達・・・。(一部大人もいますが)

結果は・・・

5級(9名 3年生から大人まで) 全員合格!!!

4級(3名 6年生) 1名合格 2名残念ながら不合格(ToT)

3級(4名 中1から大人まで)  全員合格!!(2次も頑張りましょう!)

 

特に5級は、ほとんどが英検初受験の小学生で、私の新設した英検対策クラスにも全員来てくれましたが・・・、慣れない読み書きに苦戦し、一生懸命頑張っているひとりひとりを見守ってきました。きついかな、と分かっていても、宿題を出しました。私には本音を言ってくれる子ども達と接してきて、できれば逃げたいと思ってるな、と感じる事もありました・・・。それでもみんな頑張ってきて、このように合格という結果も出すことが出来て、オンラインで結果を見た時涙が出ました。

 

うちのスクールは親御さんも協力的で、熱心に英語に取り組まれている方が多いので、お家でのご指導も大変だったと思います。お母さんも働いている方が多いですし、子ども達も、サッカーなど他の習い事が盛りだくさんで、毎日すごく忙しい中、英検対策クラスに出席し、宿題をやり、新しい単語を覚え・・・本当に、いつもご協力ありがとうございます。

 

4級は、5級に比べて単語などが格段に難しくなり量も増えるので、準備時間も足りなかったと思います。諦めることなく、次回を目指して長期戦で進めていこうと思います。また、残念な結果をお知らせしたときも、親御さん達からいただいたメールで、「次回また頑張らせます!」という前向きなお返事を頂けたこともあり、このような生徒さん達に出会えて私は本当に幸せだと思います。

 

3級は、中1でも受かってしまい、前回同様、英会話だけでなく学校の英語の授業も得意なお子さんが多いと感じます。本当に驚きです。

(ちなみに、私自身、中1当時で、英検が受かったとは到底思えません!!!爆)

1名、当校で受験はしませんでしたが、日頃英会話クラスにご参加頂き、また対策クラスにも来て頂いた女の子がいます。彼女は英語が本当に好きで、私たちクイーンズのことも本当に好いてくれていて、「できれば毎日クイーンズに来たいと言っている」とお母様からよくお言葉を頂いています。英検の準備も自主的に進めており、対策クラスを受ける前から、かなりの高得点が期待されていました。

なので私は、「◯◯ちゃんは、満点を取るつもりで本番に臨んでね」と、さりげなく言ったのです。

その後、英検後に自己採点を終えて、わたしのレッスンに来てくれた時、彼女が「ゆかり先生、1カ所だけ間違えちゃいました」と言ってきました。3級の満点は65点ですが、惜しくも1問だけ間違えてしまい、64点だったということでしょう。

それでも、まだ中1ですし、私は本当に、十分凄いと思いましたので、「すごい!!でも惜しかったね!」と言い、いつものレッスンを進めました。

その後お母さんからメールがあり、「1問間違えて、実はしばらく部屋にこもって泣いていた」というお話を聞きました。

本来であれば、60%で合格してしまう英検。65点満点なら合格点は39点です。受かってしまえば何点でもいいや!と思うことがほとんどだと思います。

私も、教えている中学生達の受験対策にも役立つようにと、取り入れた英検対策であり、満点を目指すのは授業もかなりスパルタになります(もはや英会話スクールではなくスパルタ英語塾になってしまう)ので、考えておりませんでしたし・・・。

ただ、なんだか胸がジーンとしまして・・・。

私には、笑顔で「1点間違えちゃった!」と言った彼女ですが、その裏では、お家で悔しくて泣いていたのです。私の「◯◯ちゃんは満点取ってね!」という言葉がけがあり、それを目標にすごく頑張ってくれた。実際はその目標は達成できなくて、陰で泣いて、笑顔で私に報告してくれた、という彼女の気持ちを思いますと・・・(涙)。

 

改めて、私の先生として発する生徒さんへの言葉の重さを意識しましたし、こんなに素直についてきてくれる子ども達に、これまで以上に愛情をかけてたっぷり英語を養っていってもらいたいなと思いました。本当に彼らの成長が楽しみです・・・^^

ということで、素晴らしいニュースや、素晴らしいエピソードに、心温まり励まされた、とても幸せなゆかりセンセでしたww

さっ今日は、best(worst? lol)  naughty kidsがやってくるから、負けないように頑張るぞ〜〜!!